♪ いち にの さんぽ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪秋の夜の 音楽観賞会

<<   作成日時 : 2016/11/09 12:22   >>

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 0

レッスンで 音楽鑑賞をすることがあります。

必要と思った時には 随時聴くので

ジャンルも問いません。

先日は 小3の子と ブルースを聴いたりしました。


大体は やっている曲を聴いてみたり 

演奏家による聴き比べで 学んだりします。

あとは、その作曲家のオーケストラ作品や

室内楽などを聴いたりすることもあります。


このほど 高校生の生徒さんと

バロック時代の音楽のCDを聴きました。


この日は

ドイツバロックと

フランスバロックの味わい比べをしてみました。


バッハに代表されるドイツのバロック音楽は

構築性があり質感があります。 

そこがでもあると思います。

バッハの作品は レッスンでもやっているので

彼女にも理解しやすいところです。


同じ年生まれで 同じドイツヘンデル

♪ハーレ、ル、ヤ、 で有名な曲の作曲家です。

彼はイギリスに渡り、イギリスの流行りも取り入れたので

教会音楽中心のバッハとは

方向性や持ち味の違う面があります。


一方、たとえばクープランという

フランスのバロック音楽の作曲家の曲は

とても流麗で 装飾的で 華やかです。


クープランはベルサイユ宮殿で演奏していたので

当時の王様の喜ぶ音楽を

たくさん作曲しました。


当時の王様というのはルイ14世。

ベルサイユ宮殿をつくった人です。


お抱えの音楽家の代表格は リュリという人ですが

クープランも、

ルイ14世の晩年から宮廷で演奏していました。


ベルサイユ宮殿で日夜繰り広げられていた音楽会は

当時の庶民の暮らしとは 

それは それは かけ離れていたことでしたが


現在の バレエや オペラ

弦楽オーケストラや 室内楽など

さまざまな芸術は

ここからの流れで発展したともいえる様で

芸術界には とても大きな築きがあったと思います。


そんな話などをしながら

バッハや ヘンデル クープランの鍵盤曲を

チェンバロの美しい音色で鑑賞しました。


CDを聴きながら 

「やば、、、。 チョーきれい、、、。」

と いまどきの女子高生的なご感想。


彼女は 音楽大学を目指して勉強中。

ちょっとしたスランプを乗り越えようとしています。


そんな彼女が 「音楽っていいなぁ〜」 と

しみじみ言ってくださり、

音楽好き女子の会話がはずみました。(女子?私も?)


しあわせな夜でした。



画像




。。。コメント欄 閉じております
    お読み頂きありがとうございます。。。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 53
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪秋の夜の 音楽観賞会 ♪ いち にの さんぽ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる