♪ いち にの さんぽ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪湿度とピアノのピッチ

<<   作成日時 : 2016/09/24 06:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 18

つい先日 

いつもお世話になっている調律の須藤彰士氏に

急きょ いらして頂き、

抱えていたトラブル(ひとつの鍵盤の雑音)を

直して頂きました。


あまりに あっという間に直ってしまったので

ついでに ちょっと気になっていた

高音部のピッチも 相談してみました。



これは このところの湿度が原因とのこと。

もちろん こちらも

説明しながら どんどん直して下さったのですが



はて、湿度、、?



7月の調律以来 

湿度計はいつも50%ぐらいです。

8月下旬からずっと 関東地方は雨が多く

湿気の事は 気になっていましたが

レッスン中は 常に除湿で涼しくしていたので

レッスン室内の湿度は

結構一定を保ち続け、高すぎるとも思いませんでした。



なのに なぜでしょうか? と伺いました。



床近くの湿度は もっと高いはずなんですよ。



ドキっ。。。   

盲点でした 

たしかに。。。



生活している方の部屋は 雨だと湿度が高く

椅子のすべりが悪くなり、床の湿気を感じます。

でもレッスン室は 50%ほどの湿度が常のため

床のすべりの悪さまで 感じる事がありませんでした。



早速 温湿度計を壁から床に移し

半日ほどおいてから 見てみると、、

60%に  

画像


壁に掛けた状態で 朝は52%ぐらいでしたから

かなりの差です。



つまり、、

床からの湿度をピアノの響板(ピアノの底の板)が

吸収→膨張→張られている弦の張力が増大→

ピッチが高めになってしまう。

ということです。



(グランドピアノの底の響板)

画像




逆に 乾燥すると 木が縮んで

張力は弱まり ピッチは低めになるという訳です。



響板は 

ピアノの形そのものの 広〜い面積。  

ピアノの命!



結構タフに 頑張ってくれていますが

日々の気候状況に影響を受けながらも

ピアノの複雑な構造と助け合い

頑張ってくれているのだなあ、と感じました。



ピアノより もっと もっと影響を受けてしまうのが

この楽器です。



(クラヴィコード)

画像




最近の湿度のせいか

前の日に ピッチを合わせても

翌日には 高めになっている音が ちらほらと。



弾くたびに どこかしらの弦を いじっていますが

これも楽しみのうちです♪

お陰で 耳がちょっと敏感になったかもしれません。



ダンプチェイサーという

ピアノ用の除湿調整装置がある様です。

グランドピアノにも アップライトピアノにも

取りつけられて 効果がある様です。



体感では あまり感じなかった

湿度。 

でも楽器は正直に影響を受けている。

そんな事を ちょっと記事にしてみました。



長々と お読み頂き ありがとうございました



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
そうだったんですね。
弦と温度、そして湿度。
大事な関係ですもんね。
歌は湿気が少しあるといい声が出ます。
乾燥は大敵。

ピアノの裏を除いてみます。
なでなでしてあげます。色々ご苦労様って(^_^;)
除湿調整装置、いいですね。
声帯用にも欲しいです。
プッ!プッ!って言ってらんない(-_-;)
winga
2016/09/24 07:19
♪wingaさま

おはようございます。
コメントを頂きありがとうございます。
是非なでなでしてあげてください。楽器はがんばってくれているんですね。出来る限りよい環境にいさせてあげたいと一層思いました。
なるほど。声は湿気が少しあるぐらいがいいのですね。冬は辛い季節でしょうね。そういえば寮の部屋の歌科の子、よく霧吹きシュッ、シュッ、していました。
keikoさん
2016/09/24 07:32
keikoさん。
とても参考になりました!

この地は湿気が多く除湿機をつかったりしていますが、あまりひどい時は鍵盤が汗をかいたような状態になったりして、、、
沢山水も溜まるんですよー
東京にいた頃は酷く乾燥。

ちゃんと気にしてあげないとダメですね😅今日から気をつけてます。
ありがとうございました。
マービー
2016/09/24 22:03
♪マービーさま

コメントを頂きありがとうございます。
マービーさんのお宅は湿気が多めでいらっしゃいますか?確かに鍵盤に汗ほどは結構多めかもしれませんね。あと、気になるのは冬の結露ですよね。木と金属で出来た楽器だからひどいと金属部が結露していると調律師さんがおっしゃっていました。環境に気を遣いますね!うちも気をつけます!
keikoさん
2016/09/25 08:39
こんばんは!
読ませて戴き な〜るほど!と思った次第です。足元の床と↑では違いますね。ピアノって木製 しっかり湿度の影響を受けますよね。
全然話は違いますが お山の家はログなので 夏と冬では丸太の割れ目が全く違うし 無垢の床板の間隔が全然違います。木って生きているんですね。
ピアノの為にも 人間の精神状態の為にも 爽やかな秋になって欲しいですね。
しおん
2016/09/26 23:23
♪しおんさま

コメントを頂きありがとうございます。
木で出来ている大きなピアノ。ビクともしないようでいてある日突然弦が切れたり、すごいと響板が割れたりもする様です。
家も季節によりログの割れ目や床のや間隔に変化が出るのですね?とても興味深かったです!
雨が多いですね〜。日照時間が例年の25%ばかりとテレビで言っていました。爽やかな秋が恋しいですね。
keikoさん
2016/09/27 07:08
確かに湿度が数値で出るようになって気にするようになってましたが、それに頼り切っていた感は否めない。
部屋の上方だけで無く、下方にも湿度計を置かなくてはいけないのか…。
でも考えてみたら 日本は木の国、木のことはお手の物だったはず。
大工さんに相談するのも佳いかもです。
おーちゃん
2016/09/27 07:22
♪おーちゃんさんへ

コメントを頂きありがとうございます。
大工さんに相談?斬新なご意見です。思いもつきませんでした。確かに日本は木の国。家も湿度と共にあり、それを逃がす工夫も家にあり、ですね。それが足りないのが現代建築の弱点かしら。
ところでギターのピッチには影響ないんですか?
以前カナダに移住している日本人ギター職人のテレビを見ました。木へのこだわりが命ですね、この世界も。
keikoさん
2016/09/27 09:12
そうなのですね〜〜
湿度がかなり影響してる???
なんせ〜凄い湿度でしたものね。
昨日は85% 今日にいたっては90%とか?
昨日友人たちと定例お茶べり会したのですが・・
ひとりがここ一か月くらいず〜と除湿してたと。
畳の部屋がモロ、ひどかったらしいです。
わたしはその変化には気づきませんでした。
畳の部屋をなくしたせいもあるのかな・・
楽器などはその影響下にあるのですね〜
keiko先生の気苦労も%が高いですね。
nobara
2016/09/27 09:20
♪nobaraさま

コメントを頂きありがとうございます。
ジメジメ、ムシムシですね〜。テレビで日照時間が平年の25%しかないと聞き、そうだろうな、と思いました。農作物も影響を受けてますよね。
畳はすごく湿気を感じるでしょうね。カラリとした秋晴れが待ち遠しいです。
ピアノなどもそうですが、ヴァイオリンもケースに除湿剤を入れていると聞いたことがあります。貸与されている高価な楽器など神経を遣いそうですね。気苦労%マックス!
keikoさん
2016/09/28 06:12
弦楽器も管楽器も温湿度とのたたかい(というか調和)は宿命ですね。(^_^;)
Papalin
2016/09/30 07:12
♪Papalinさま

コメントを頂きありがとうございます。
ホント、そうですね。これは宿命ですものね。だからおっしゃる様に調和、共にありながらよい状態を保つ工夫が大事でしょうね。管楽器は湿度もさることながら温度もかなり影響を受けますね。
keikoさん
2016/09/30 09:22
なるほど、楽器は生き物ですね。
私達が気付かないような湿度の差を、
敏感に察知していたなんて…。
説明が丁寧で、素人の私にも、
その理屈が100%理解できました。
湿度の変化は、私たちの気分にも
影響があるかも知れません。
秋晴れの日が待ち遠しいですね。
yasuhiko
2016/09/30 11:42
専門的なことは存じませんが
楽器はとても繊細なものですね。
確かにピアノは木、命そのものですね。
我が家は山を切り開いたマンションで
1室、湿度が異常に高くなります。
最近雨が多くて毎日といっていいくらい
除湿器回しています。
秋晴れが恋しいです。
慈園
2016/09/30 18:05
♪yasuhikoさま

コメントを頂きありがとうございます。
ご丁寧にお読み下さり、嬉しかったです。一般家庭はベストな環境は難しいですね。今回は気候もあり湿気の影響に関しての記事でしたが、実は乾燥はもっと大変で、響板が割れてしまう事もあるそうです。
今日は少し爽やかでしたがまた台風が、、。秋晴れが続く日はいつになる事でしょうね。
keikoさん
2016/09/30 21:37
♪慈園さま

コメントを頂きありがとうございます。
慈園さんのお住まいの方も雨が多いですか?また台風が来そうですね。今年の秋は日々部屋干しです!慈園さんは除湿機を?それは大助かりでしょうね。
ここまでカラリとした日が無いと、流石のピアノさんもちょっと音色で訴えて来ました。私達女性にはほどよい湿気はお肌にいいかしらね?ウフフ、、。
keikoさん
2016/09/30 21:53
今晩は。僕の家では暑けりゃ冷房を。寒けりゃ暖房を
切り返して運転しています。更にはパソコンの部屋は
畳が引いて有りまして、そんなには湿気が無いと思いますが。
亡き母は学生の頃にアップライトピアノを弾いていましたし、母方従妹は今もピアノの先生をしています。
僕? 無理!、両手が弾けない。
でもやりたいし。スティウェイ&サンズが欲しい。
こまい ひろし
2016/10/07 21:54
♪こまい ひろしさま

コメントを頂きありがとうございます。
スタインウェイが手に入ったらすばらしいですね。それこそ管理に気を遣いそうですけどね!
keikoさん
2016/10/10 16:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪湿度とピアノのピッチ ♪ いち にの さんぽ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる